ボクシングデー翌日からの悪夢

12月27日(火)

 

ボクシングデー翌日、私は18時から仕事がありました。

 

朝起きて、あれ?なんか疲れてるなー、、、

 

もうちょい寝よう。

 

と思い、お昼前くらいまで寝て起きるも、あれ?まだ疲れてる。ていうかむっちゃだるい。

 

あれ?もしや?と思い、体温計を手に取り熱を測ると7.5度。

 

うーわ。まじか。微熱ー!とりあえず仕事まで寝よう!2時間くらい経つと、寒気が、、、

 

あーー。これやばいやつだ。熱を測ると38.5度。

 

やられたーーー!

 

速攻仕事にメールし、休めるか聞いてみると、代わりに他の人が出てくれるから、休んで良いよ!とのこと。

 

助かったー!と思い、寝続ける。しかし、熱下がらず。

 

ルームメイトがフルーツとポカリ的なものを買ってきてくれ、とりあえず食べる。昔からだけどどんなに風邪ひいても食欲だけはある。

 

湯たんぽ用意し、ベッドに夜9時くらいには入ったかな?

 

寝るも熱下がらず。パッと夜中目が覚めて熱測ると39.5度。

 

やばい。。。

 

意識が飛びそう。。。

 

このまま熱上がりすぎて耳聞こえなくなりそう。。。

 

と思い、明日病院に行こう!ということで保険会社に電話し、キャッシュレスサービスある病院を朝までに確認してもらい朝一で行くことに。

 

翌朝、通訳の人と一緒に病院に行くと、激混み!激混み!

 

待つこと2時間。。。

 

ようやく診察。。。

 

絶対インフルだと思っていたけど、こちらの医者はインフルの検査をするという考えがなく、症状で判断するとかわけのわからんこといわれ、処方された薬は咳痰止め、鼻スプレー。以上!

 

え!解熱剤は?

 

え!インフルだよね?これ?

 

インフルかもしれないし、ただの風邪かもしれない。

 

いやいや、この熱の急な上り方インフルでしょ!こんな高熱でないわ!

 

と怒りたいものの、熱があり何も言う気力もない私。

 

そして、さらに悪夢は続きます。

 

隣の薬局に行くと、なんとまあ、1時間待ち!

 

こんな高熱で、こんなに必要のない薬のためにこんなに待つなんて、、、

 

家に帰った時刻見たら、なんと計5時間!

 

たぶん家で寝てた方よかった(笑)

 

まあ保険で請求するから良いとするか。

 

そして、再び寝ます。

 

また熱上がります。

 

翌日も。。。

 

あー。大晦日家で過ごすのか私は。

 

あー。

 

という年末でした(笑)