読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆづさん

10月29日(土)

 

トロントで初のホステル泊まり。

 

羽生結弦選手を見れた幸福感で心あったまりながら町中がハロウィンやってるのなんてなんも気にしないでゆっくりお休みしました。

 

朝起きて、今日もどうしてもフリーが見たくてネットで探しまくると、前は見つからなかったのにチケット発見!

 

11時のチェックアウトまであと2時間!とりあえずシャワーとごはんを食べ、チケットをとるためにいろいろ入力。

 

でも読み込まれない私のカード。

 

カードというか、住所がだめだったのかな?

 

バンフは住所はあるけどポストコード(郵便番号)がないところがたくさんあって、私の家も郵便番号がありません。だから、荷物は毎回郵便局に行かなきゃいけない。しかも届いた寄ってお知らせは基本ない(笑)

 

だから、ポストオフィスの郵便番号入力してもえらーで取れず。

 

何回やってもダメ。

 

チェックアウトまであと20分。

 

もう、、、

 

とりあえず会場行っちゃおう!

 

と行くことにしました。

 

それまで結構時間あったから、カフェやらレストランにレジュメ配り。

 

すると、部屋の見学申し込んでたところから連絡が!行ってみることに。

 

地下の部屋であんまりテンション上がらない感じでした!

 

まあいいや、とりあえずやっぱりフリー見に行きたい。

 

ただ今日は土曜日。昨日おっちゃんが土日のバスはないって言っていたのが怖くて4時くらいまで動き出せず。。。

 

でも演技こんなに簡単に見に行けるのなんて日本じゃありえない!行くしかない!と意を決してバス調べまくって向かいました。

 

昨日とは違うローカルルートで。

 

バスに乗り込み運転手に聞きまくり。

 

帰りはこのバスもう終わってるよ!いわれたけど、もうここまで来たからそんなン知るか!

 

と、会場に再び向かいました。

 

チケットもないのに。

 

会場ついて、チケットカウンター行くと、もう審査員のまわりしかないよ!と。

 

どうやら審査員の周りの席はカメラとかもあって死角があるから最後まで残っているよう。

 

でも買えたーーー!

 

買えたーーーーーーーー!!!

 

ルンルン。

 

今日もアイスダンスからかなーと思い、

 

ビール買って、ホットドッグ買って、チョコ買ってお腹膨らませてスタンバイ。

 

すると、どうやら今日は男子フィギュアかららしい!

 

わくわく。

 

ゆづさんでてきたー!!!

 

6分間練習もう釘付け!

 

パトリック・チャンも大学の時の教授に似てて好きだけど(笑)ゆづさんもうたまらん!

 

次々と選手が滑っていき、ついに羽生君!

 

去年よりさらにレベルを上げたプログラムらしいじゃん!(見てても感動するだけで何回転したかとかわからないけどww)

 

どきどき。

 

緊張しすぎて私の手が冷たい。

 

本人はもっと緊張たろうな・・・・

 

初めの4回転、うまくいかなかったけど、なんだろう、ほかの選手もすごかったしジャンプのノーミスの人もたくさんいたけど、羽生君のプログラムはジャンプ以外もまとまってて、フィギュアとか全然わかんないけど感動した!!!

 

もう!!!

 

感激!!半泣き!!

 

スタンディングオベーション!!

 

本人は満足いってなかったみたいだけど、滑り終わった後、お決まりのリンクにありがとうしてて感動。

 

うまくいかなくても次の選手が滑るときには拍手で応援。

 

もう人として素晴らしい。

 

21歳とは思えない。

 

最近男らしさましたと思うのは私だけ?彼女のおかげかな?なんか、もう、素敵すぎてやばい。

 

ここ最近一番ときめいた。

 

あとは、パトリック・チャン選手!

 

この二人はジャンプ以外の表現力がすごくて、さすがだなー!と。

 

無良くんはジャンプうまくいかず、8位だったかな?

 

結果パトリック・チャン選手1位、ゆづさん4位からの2位!

 

満足!

 

心満たされ現実に。どうやってダウンタウン帰ろう??

 

受付の人に聞くと会場前からのバスはもうないと。歩いて30分くらいのところにバス停あるよって(笑)ふぉー!歩きたくない!(笑)

 

すると、とあるおばさんも探している模様。受付のねーちゃんがuberしたら?と。

 

uberとは、その辺走ってるuber登録者がタクシーみたいに迎えに来て目的地まで連れてってくれるアプリ。

 

てことで、登録しておばちゃんと割り勘することに。。。

 

バスだと徒歩時間込みで1時間半くらいのが、uber使ったら20分で着いた!

 

一人だと怖いけど、おばちゃん一緒だったからなんとなく安心!

 

名前忘れたけど、お兄ちゃんありがとう!

 

無事家路につきました!

 

羽生君、幸せをありがとう!