読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stanley Park June,25th

6月25日(土)スタンレーパーク

 

スタンレーパークという、バンクーバーでサイクリングをするのに有名な公園へ新しくできた友達と行ってきました。

 

待ち合わせは朝9時にBarrad駅と割と早め。前日に帰ったのが遅かったのもあり、なかなかハードスケジュールでしたが、スロバキア人のアマリアのご意向で時間決定しました。でも休日に早く起きるのは好きなので有効な時間になりました。

 

こちらにきて携帯を買おうかと思いましたが、今後の予定がはっきりしていないのでしばらくの間はwifiに頼って生きてます。一歩家をでたらwifiつながるところにいかないと連絡とれません。案の定韓国人のケイトと待ち合わせができず30分以上探回り、ようやく対面!電話できるって大切。

 

駅からスタンレーパークに向かう途中のレンタルサイクル屋さんで、自転車借りてサイクリングの予定でしたが、アマリアが「公園の中にもほかのレンタル屋さんあるからそっち行こうよ!ここは大きいお店だから高いよ!」てことで公園までキープゴーイング。これが大変誤った選択。。。歩いても歩いても見つからず、30分くらいして地元の人に聞いたら「公園内にはないよー!」とのこと。戻るのもいやだとなり、自転車で1時間30分くらいのところを徒歩で。。。景色きれいだし、海のにおい感じながら、ま、いっか!ってくらいに思って歩き始めました。

 

公園内には水族館があるので、せっかくなので行きました。水族館に到着した時点で12時過ぎ。すでに3時間。入場早々イルカショーがあるからというので30分前に椅子をとってスタンバイしていました。

いよいよ、マッチョのお兄さんが出てきて、ショータイム。おー始まった!英語だ!あんまわからん!けどわくわく!

マッチョ:「こちらが〇〇〇(たぶんイルカの種類)のイルカです。」

イルカがインストラクターのお姉さんの支持に従い顔を水面から出したりひっこめたり。

マッチョ:「そしてこちらが〇〇〇のイルカです!」

イルカ、支持にしたがいプールの端から端を猛スピードで泳ぐ。

マッチョ:「こちらが白いイルカの〇〇〇です!」

白いイルカ2匹が一緒に顔を出して鳴く。

この辺からおやおや?もしや?

マッチョ:「イルカはイルカでもいろんな種類のイルカがいるんだよ!みんな、もっとイルカのことを知ってね!それでは、水族館での残りの時間を楽しんで!ばい!」

やっぱり。。。ショー終わったわー。という感じで、予想外のイルカショーでした(笑)

 

それからさらに水族館回り、4Dの映像みたり、規模はそんな大きくなかったけどなぜだか4時間滞在で、すでに4時過ぎ。

※水族館の値段

大人:37ドル

学生:27ドル

子供:忘れた

 

また歩き始め、もうすでに私の体は座ることとビールで頭いっぱい。高橋大輔が行ったであろうモニュメント見たときだけ、あ!ってなったけどもう座りたいビール飲みたいあー!となるも、アマリアが「ほら、立って!行くよ!」ともはや修行。ようやく回り終わって6時すぎ。しかし、

アマリア:「まだ歩き足りないわ。どこどこの駅まで歩こう!」

まじかー!でもここは自己主張しなきゃ!と思い、

私:「私お腹空いたから、どっか入ろう!」

アマリア:「あー!だから優そんなに疲れた顔してたのね!わかった、探そう!」

私はなんなら探さなくても目の前にあるお店でよったけど、ここは

アマリア:「私、本当の日本食とか韓国料理食べてみたいわ!私の国にはないから!」

と、ここでもいんじゃない?と言った店を却下される。すでに7時。

私はまだ来たばかりで日本食わからんので、韓国人のデイビットとジャスティンが韓国料理屋さんを一生懸命探し、どこどこ行けば韓国料理街があるから行こう!とまあ、40分くらい歩いて、迷いながらたどり着いたらまさかの1時間待ち。(すでに8時)ここで

アマリア:「私ホストファミリーご飯作って待ってるからやっぱり帰るわ!」

私:(まじかーい。でも私もホストに言ってないしな、1時間も待てないから帰ろう。)と思い、結局駅までまた30分以上歩き、お腹激ヘリの中帰宅。家に着いた時には10時。右足に違和感、お腹激ヘリ、くたくた、、、とまあ、すごく疲れましたが久々のウォーキングとみんなと話せたのはすごく楽しかった!自己主張の大切さ思い知りました。

 

ちなみに、歩きすぎて一週間たった今でも足が痛みます。(笑)

 

そんなこんなで、日本出てから少ししかたってないけど、友達もできてなかなか楽しんでます!それでは、また!

 

f:id:hozapoko:20160729020605j:plain

f:id:hozapoko:20160729020536j:plain

 

f:id:hozapoko:20160729020107j:plain

f:id:hozapoko:20160729020221j:plain

f:id:hozapoko:20160729020245j:plain